九大理学部ニュース ホーム きゅうりくん

注目トピックス

火星の気象をシミュレーション

スーパーコンピューターで見る火星の塵旋風

地球以外の惑星にも大気が存在し、様々な気象現象が起きていますが、直接の観測が難しいため詳細は未解明です。中島助教は、理研、北海道大、神戸大、松江高専、京都大との合同研究チームの一員として、スーパーコンピューター「京」を使ったシミュレーションで、火星に生じる竜巻の性質を調べています。中島助教に解説していただきました。

中島健介(理学研究院 地球惑星科学部門)

続きを読む ≫

トピックス一覧

謎のオーロラに理論と観測で迫る

シータオーロラにともなう沿磁力線電流の予測と検証

まれに、上空から観測するとシータ(Θ)の形に見えるオーロラが発生します。渡辺准教授らの研究グループは、惑星間空間磁場が急激に反転するときにできるタイプのシータオーロラに注目し、計算機シミュレーションの結果から、シータオーロラを貫く磁力線にはある決まったパターンで電流が流れているはずだという予測をしました。この理論予測のもと過去のシータオーロラ発生時の観測データを解析し、シミュレーション通りの電流の存在を確認しました。一連の研究成果は「Journal of Geophysical Research: Space Physics」誌に掲載されました。

渡辺正和(理学研究院 地球惑星科学部門)

続きを読む ≫

火山噴火で生じる雷

桜島火山の噴火によって発生する雷の観測

相澤助教らの研究グループは鹿児島県の桜島火山で発生する雷(火山雷)を観測しました。高速度ビデオカメラと高速度電磁場観測装置を用いて0.00002秒ごとに火山雷の放電過程を観測し、火山雷は気象雷と多くの類似点があり通常の雷のミニチュアとして理解できること、火山噴煙中の電荷は雷雲中の電荷に比べてはるかに高密度で複雑に分布していることなどを明らかにしました。この研究成果は「Earth and Planetary Science Letters」誌と「Geophysical Research Letters」誌に掲載されました。

相澤広記(理学研究院 地球惑星科学部門)

続きを読む ≫

5万年を旅した隕石

カリフォルニアに落下した炭素質コンドライト隕石の分析

岡崎助教、武知さんらの研究グループはカリフォルニアに落下したSutter’s Mill隕石を分析しました。高性能希ガス質量分析装置を用いて希ガス同位体分析を行い、この隕石がプレソーラー粒子を含む始原的な物質であること、隕石母天体表面で太陽風の照射を受けたこと、母天体脱出後約5万年の間宇宙空間を漂った後地球に落下してきたことなどを明らかにしました。この研究成果は「Science」誌に掲載されました。

岡﨑隆司(理学研究院 地球惑星科学部門)・武智弘之(理学府 地球惑星科学専攻)

mini-20121228
Image:Wikipedia/Sutter’s Mill meteorite
続きを読む ≫

プランクトンが語る海流変化

海洋動物プランクトンと海流の変化

地球惑星科学専攻の池上さんらは、太平洋の最北部における、過去15年間の動物プランクトンの変動を調査しました。その結果、特定の動物プランクトンの個体数の変動が、海流や渦といった海洋の流れの変化に対応していることが明らかになりました。この研究成果は「Journal of Geophysical Research」誌、「Deep-Sea Research II」誌に掲載されました。

池上隆仁(理学府 地球惑星科学専攻)

続きを読む ≫

イトカワの寿命は10億年以下

イトカワの寿命は10億年以下
-はやぶさが持ち帰った微粒子の希ガス同位体分析でわかったこと-

東大の長尾教授や九大の岡崎助教を中心とした研究チームは、はやぶさがイトカワから持ち帰った粒子を分析し、これらの粒子は確かにイトカワ表面から採取されたものであり、イトカワの寿命は10億年以下と太陽系の年齢(46億年)に比べるとはるかに短いことを示しました。この研究成果は、Science8月26日号に掲載された6編のはやぶさ試料初期分析に関する論文のうちの1つとして発表されました。

岡﨑隆司(理学研究院 地球惑星科学部門)

続きを読む ≫

プランクトンで知る海の環境

プランクトン生産量の変化と海洋環境の変動の関係

北西太平洋の深層において、沈降動物プランクトン「レディオラリア」を採集しその生産量に与える影響を調べた結果、調査海域の海洋環境は西のオホーツク海の水塊や千島列島などの沿岸水の影響を強く受け、中層では季節によって環境が変動することが分かった。プランクトン生産量を用いた海洋環境の特定は、過去の海洋環境を復元し、地球の環境変動のメカニズム解明に向けた手がかりとなる。地球惑星科学科の池上さんらが「海の研究」誌に発表した。

池上隆仁(理学府 地球惑星科学専攻)

続きを読む ≫

磁力線渋滞による電位差飽和

磁力線の渋滞がもたらす極域電位差の飽和

宇宙天気の指標である極域の電位差が飽和する現象が知られていたが、その原因は電離圏中の伝導率にあると言われてきた。今回地球磁気圏の数値シミュレーションにより、電位差の飽和現象が、太陽風に伴う磁場と結合した地球の磁力線の輸送が滞ることで起きることを示した。深沢研究員らが、J. Atmos. Solar-terr. Phys.誌に発表した。

深沢圭一郎(理学研究院 地球惑星科学部門)

続きを読む ≫
1 2